キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
成年後見の手続き代行|東京の司法書士 村山澄江
成年後見の手続き代行 相談実績200件以上 東京の司法書士 村山澄江
〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目18番5号 光洋ビル3F
司法書士村山澄江事務所 代表司法書士
東京の司法書士 村山澄江
成年後見の手続き代行などサービスのご案内成年後見の手続き代行サービス以外のご案内
著書 第8刷!
「今日から成年後見人になりました」
自由国民社
成年後見の手続き代行|東京の司法書士 村山澄江

〒101-0021
東京都千代田区外神田
2丁目18番5号 光洋ビル3F

電話
03-3525-4439

東京の司法書士 村山澄江 地図
御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
末広町駅 より徒歩5分
秋葉原駅 より徒歩7分

司法書士 村山澄江のプロフィール

 

村山澄江(むらやますみえ)

民事信託・成年後見の専門家、司法書士
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート会員
簡裁訴訟代理関係業務認定会員
経営心理士
承継寄付診断士
1979年名古屋生まれ。早稲田大学卒業。

2003年司法書士試験合格。

生前対策の対応実績1300件以上。

民事信託と成年後見の専門家として全国でセミナー等行っている。

介護や相続のまさかをなくし、家族の未来をまるくするメール講座

登録はこちらから

 

 

メディア取材・出演、講演実績

メディア掲載実績

「今日から成年後見にになりました」(自由国民社)が8刷目の増刷になりました。

 

 

 

 

≪メディア掲載等≫

2020年9月2日 日本経済新聞

日本経済新聞夕刊に村山澄江の成年後見に関する取材記事が掲載されました。

 

2020年8月1日 中央経済社「旬刊経理情報」

中央経済社が発刊する『旬刊経理情報』2020年8月1日(通巻No.1585)に、

村山澄江の記事が掲載されました。

 

 

2016年3月9日 読売オンライン「深読みチャンネル」

3月9日付読売オンライン「深読みチャンネル」にコラムが掲載されました。

 

2015年12月22日 読売新聞社大手小町

読売新聞社主催シンポジウム「40代から考える 親と私の終活」

【出演者】
中澤まゆみさん、壇蜜さん(タレント)、町亞聖さん(フリーアナウンサー)、村山澄江

テーマ1 「老後の備え10か条」~中澤まゆみさん基調講演~

テーマ2 ある日、介護は突然に… ~町亞聖さんの経験談から考える~

テーマ3 自分らしい最期の備え ~遺言、事前指示でできる準備~

テーマ4 住まいとコミュニティー ~自宅?施設?どちらがいい?

 

 

 

 

2015年4月15日 日本経済新聞

「日本経済新聞」にコメントが掲載されました。

 

 


 

 
 
 

 

2015年2月 早稲田学報

早稲田学報の特集「早稲田の士たち」にて取材、掲載されました。
(掲載ページは、10、11ページです。)
 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>早稲田学報WEBページはこちら

 

就職・転職・副収入 女性の仕事全ガイド

 16年度版に掲載されました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015年6月25日「日本経済新聞」

6月25日の「日本経済新聞」の27pにコメントが掲載されました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2014年3月8日「朝日新聞」  

朝日新聞東京川の手版に取材記事が掲載されました。    

朝日新聞  
 
2013年「今日から成年後見人になりました(自由国民社)
2013年11月、自由国民社より成年後見の本を出版いたしました。

 

講師実績

 

2021.01.17NPO法人「煌めく返り花」様主催

      若いうちから老い支度(家族信託講座)(オンライン開催)

2010.12.15プルデンシャル生命保険株式会社様主催

      社内向けセミナー(オンライン開催)

2020.11.19としままちごと福祉支援プロジェクト様主催

      認知症対策としてしっておきたい任意後見・家族信託の話(オンライン開催)
2020.06.20不動産活用ネットワーク様主催
      不動産オーナー向け認知症対策講座(オンライン開催)

2019.12.11東京都多摩消費生活センター様主催連続講座

     「知って安心。遺言書の書き方と、もめない相続の仕方。相続法の改正を受けて」

2019.12.03東京都多摩消費生活センター様主催連続講座

     「新しい財産管理対策・話題の家族信託とは?」

2019.07.27前始末協会主催「おひとりさまの前始末」
2019.07.11某企業様にて「相続法改正」社内勉強会講師

2019.02.23東京都消費生活センター様主催再養成講座「家族信託と成年後見」

2019.01.29日本赤十字社様主催「プロが教える終活セミナー」

2019.01.17日本公認会計士協会練馬会様主催会員向け研修

      「お客様に家族信託をわかりやすく説明する方法」

2018.11.21東京都多摩消費生活センター様主催

      「知って得する老後の備え!気になる老後の財産管理と遺言、そして相続」

      ~成年後見制度と民事信託(いわゆる家族信託)の比較を通して~      

2018.03.10 住友不動産様主催「土地活用フォーラム」にて、

      「新しい相続のカタチ。家族信託と成年後見制度の仕組み」

2017.02.26 北海道芽室町社会福祉士協議会様主催「おひとりさまの老後と成年後見制度」

2016.08.20 山梨県北杜市社会福祉協議会様主催「おひとりさまの認知症と成年後見制度」

2016.07.10 ケアコミュニティせたカフェ主催認知症カフェ「成年後見制度リアルレポート」

2016.04.05 損害保険会社様主催研修講師

2016.02.03 生保協会認定FP会様主催研修講師

2015.12.22 読売新聞社様主催大手小町シンポジウム「40代から考える 親と私の終活」

2015.10.03 町田市社会福祉協議会様主催 「おひとりさまの老後と成年後見制度」講演
2015.03.15 朝日新聞厚生文化事業団様主催 「おひとり様の老後と成年後見」東京講演
2015.02.21 朝日新聞厚生文化事業団様主催 「おひとり様の老後と成年後見」大坂講演
2015.02.10 社会保険労務士川崎北支部様主催 社労士向け成年後見研修
2014.11.05 台東区社会福祉協議会様主催 一般向け成年後見実務研修
2014.09.19 東京商工会議所台東支部様主催 経営者向け「日常から役に立つ法律講座」
2014.08.20 株式会社やさしい手様主催 介護従事者向け成年後見セミナー
2014.04.26 行政書士の学校様主催 行政書士向け成年後見セミナー
2014.04.12 伊藤塾主催 「明日の司法書士講座」
2014.03.25 相続手続支援センター様主催「成年後見と相続に係る諸問題」

etc.

 

 


   

 
 

司法書士になったきっかけ・成年後見分野に力をいれた理由

こんにちは。
司法書士の村山澄江と申します。

 

学生時代に友人が詐欺被害にあったことがきっかけで、
身近な人を守りたいという思いが強くなり、
2004年に司法書士になりました。

 

2010年、台東区で独立。
下町エリアだったので、、
必然的に高齢の方と接する機会が増えました。

 

祖父母世代の方々とお話しをしていたら、
今は亡き祖母との思い出が蘇ってきました。

 

両親が共働きだったので、私たち姉妹のために
祖母が毎日家に通ってくれていたのです。

 

学校帰り。
汗がしたたる夏の暑い日は、凍らせたタオルを手渡してくれました。
手がかじかむ冬の寒い日は、焼き芋を焼いて待っていてくれました。

 

そんな懐かしい思い出がよみがえり、
祖父母世代に喜んでもらえる仕事がしたいと思いました。

 

現在、家族信託や任意後見、遺言といった
「元気なうちにできる対策」の支援に注力しています。

 

認知症になった方を法律的にサポートする成年後見の手続きや、
相続のお手続きをするときにこんな声を多く聞きました。

 

「もっと親の希望をきいておければよかった」
この言葉をとても重く受け止めています。

 

介護や相続段階の「まさか」をなくして
家族の未来をまるくすることが私の生涯かけてのミッションです。

村山澄江司法書士事務所開業

平成22年上野にて村山澄江司法書士事務所開業。

平成23年リーガルサポート台東地区リーダーに。
成年後見の相談件数は1300件を超える。

現在、30名以上の方の成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人、後見監督人)
として活動している。

また、高齢化が進む中でますます重要になるこの制度を
一人でも多くの人に知ってもらいたいと、
セミナーやソーシャルメディアでも情報発信を行う。

成年後見に力を入れている専門家とともに定期的に勉強会を開催し、
情報の共有と知識の向上を図っている。

 

大切にしていること

村山澄江 相談
2011.9.19 相馬市にて

身近な法律家として、お年寄りが安心して暮らせる社会に貢献することがミッション。

フットワーク軽く動き、笑顔で相談にのり、丁寧に仕事をする姿に、同じ士業からも厚い信頼を集めている。

モットーは、「1人1人に全力を尽くす。」

 

村山澄江ストーリー

生い立ち

村山澄江 司法書士 生い立ち

昭和54年11月18日(ミッキーマウスと同じ日なんです!)、味噌カツで有名な愛知県名古屋市で出生。

父が町役場の公務員、母が保育士という、
法律とは無縁の家庭で育ちました。

争いごとが苦手で、友達同士が対立していると
その場から逃げてしまうような内気な性格でした。

 

転機となった中学生時代

中学校で剣道部に入部。

剣道はとても楽しく運動の楽しさに目覚めました。

そして性格が180度逆転。

元気いっぱいでケラケラとよく笑う人間になっていきました。

生意気盛りで、先生に呼び出されたことも・・・

 

人生最大の後悔

平成10年、奇跡的に早稲田大学への入学が決まりました。

東京に詳しい祖父(母の父)と一緒に東京見物をする約束をしました。

大好きな祖父でした。

そんな祖父の突然の死。

皮肉にも、部屋探しに1人で上京していたその日、
祖父は逝ってしまいました。

心臓麻痺でした。

知らせを受けた雪の降る東京駅で私は呆然と立ち尽くしました。

大学生になった私を見せたかった。
一緒に東京見物をしたかった。
泣き虫だった私が成長した姿を見せたかった。

司法書士という資格との出会い

将来のことを考え始めた頃、司法書士という資格を知りました。

自分にしかできないことがしたい。祖父に恥ずかしくない生き方がしたい。
そう思っていたときに出会った資格です。

「街の法律家」という言葉に惹かれて挑戦することにしました。

平成15年司法書士試験合格。結果的に3回目の受験でした。

「じいちゃん、私やったよ。」

祖父にようやく報告することができました。

介護や相続の『まさか』をなくすことがミッション

私は高齢者のいる家族をサポートする業務に力を入れています。
祖父の死がきっかけになり、年々その思いは強くなっていき、

介護や相続の『まさか』をなくすことがミッションとなりました。

 

社会の高齢化にともない、認知症等での財産管理への不安、
詐欺犯罪者に狙われるご心配等が増えてきました。

現在、そういった方複数名の財産管理をさせていただいています。

今まで誰もやってくれなくて不安だったという方々から、
「相談できる人ができて安心できた」と言っていただいています。

不動産や会社の登記と違い、「誰がやっても同じ」という結果にはなりません。

ご本人様と真剣に向き合い、その方の幸せな人生のためのお手伝いをさせていただく、
そんな気持ちでお仕事をさせていただいています。

 

 

プライベートな趣味

ディズニーシーの年間パスポートを持っています