キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
成年後見の手続き代行|東京の司法書士 村山澄江
成年後見の手続き代行 相談実績200件以上 東京の司法書士 村山澄江
〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目18番5号 光洋ビル3F
司法書士村山澄江事務所 代表司法書士
東京の司法書士 村山澄江
成年後見の手続き代行などサービスのご案内成年後見の手続き代行サービス以外のご案内
成年後見の手続き代行|東京の司法書士 村山澄江

〒101-0021
東京都千代田区外神田
2丁目18番5号 光洋ビル3F

電話
03-3525-4439

東京の司法書士 村山澄江 地図
御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
末広町駅 より徒歩5分
秋葉原駅 より徒歩7分

【お知らせ】

new!2016年10月8日稲敷市にて講演させていただきます。

日時:10月8日(土)

時間:13:30~16:00

場所:稲敷市あずま生涯学習センター

   (茨城県稲敷市佐原組新田1596)

お問合せ先:稲敷市社会福祉協議会(029-892-5711)

定員:120人

テーマ:「おひとり様の老後と成年後見制度」

 

>>過去のお知らせはこちら

 

成年後見の手続き代行なら村山澄江 司法書士事務所へ

私は、現在「成年後見」という業務に力をいれています。認知症や脳の病気などで、判断能力が衰えてしまった方の代わりに、金銭の管理をしたり、生活費の支払いなど、経済面・法律面をサポートする業務です。当事務所では、成年後見に関して丁寧に適切なサポートを行なっております。成年後見申立ての書類作成のご依頼はお電話またはメールにて随時承っております。

成年後見の手続きなら司法書士へ

 

 

初めての成年後見の手続きでお困りの方へ

いざ成年後見の申立手続きをしようと思ったものの、
その手続きを自分で行うには必要な書類が多く、
法務局や裁判所でのやりとりもあり何かと不安が多いのが実情です。

そのような方のために、当事務所では成年後見に強い司法書士による
「成年後見申立手続きお任せサービス」を行っております。

 

サービスについて

 

このサービスは、成年後見の申立手続きを
専門の司法書士があなたに代わって行うサービスです。

このサービスをご利用いただくメリットは以下となります。

・成年後見の手続きをすべておまかせいただけます。
・難しい法律や手続き方法を調べる手間が省けます。
・たくさんの必要書類を集めるわずらわしさから解放されます。
・裁判所への申立時に司法書士が同行するので安心です(東京家裁)。
・スピーディーで間違いの無い手続きができます。

実際に後見人として活動している経験豊富な司法書士が担当するので、
今後についてのアドバイスも受けることができます。

女性ならではのきめ細かいサービスで、
あなたをサポートいたします。

 

サービスの流れ

 

具体的な流れですが、まずは現状についてお話をお聞きします。

※一度面談させていただき、不足部分については
メールやお電話でのやりとりにてお聞きします。

次に、必要な書類(通帳のコピーなど)をご提示いいただき
書類を作成します。

そして、お客様の予定に合わせて司法書士が裁判所へ面談の予約を入れ、
一緒に裁判所へ同行し、申立手続きを行います。

 

料金

 

◎成年後見申立手続きお任せサービス(アフターフォロー付)

10万円(税別)

※困難案件は 15万円(税別)

※裁判所での面談同席ご希望の場合 

 東京家裁本庁:5000円 東京家裁立川支部:1万円

 その他の地域は応相談

※着手金として5万円をお預かりさせていただきます。正式なご依頼の後、書類作成をとりやめた場合においては着手金は返金いたしませんのでご了承ください。
※残金(着手金を差引いた額)は手続き完了までに「振込」又は「現金」にてお支払いいただきます。

 

 

 

 

 

サポート業務

 

成年後見の手続き代行

「家族が認知症になってしまった」
「離れて暮らす祖父母が、悪い人から高級なものを買わされているようで不安」
「身寄りがないので今後の財産管理が心配だ」
「父の不動産を売りたいが、認知症のため、不動産業者から代理人を立てるよう言われた」

・・・という方は「成年後見の手続き代行」をご覧ください。

 

遺言書のすすめ

 

「お世話になった息子のお嫁さんに財産を残してあげたい」
「自分の亡き後、家族みんなが幸せに暮らしてほしい」
「子供がいないので、残った財産を有効に使ってほしい」

・・・という方は「遺言書のすすめ」をご覧ください。

 

相続登記

 

「土地や建物の名義人が亡くなった」
「先代の土地をそのままにしている」
「そもそも相続登記って必要?」

・・・という方は「相続登記」をご覧ください。